離婚調停 準備

旦那の浮気。

 

調停離婚で有利な条件を進めるには、きちんと準備をしなければなりません。

 

ちゃんと準備をしないと、
慰謝料だけでなく、親権なども相手のものになってしまいます。

 

調停委員に味方になってもらうには、決定的な証拠があれば有利に進められます。
(弁護士や司法書士を間に入れることもできます。)

 

夫の携帯の履歴も、証拠として有効ですが、
履歴を消されてしまったりするケースも多いようです。

 

できれば、不倫の証拠写真などがあれば、
調停離婚で有利にことをすすめることができるのではないでしょうか。

 

夫の預金残高を知っていますか?

 

離婚調停で慰謝料の額を決定するときに、
支払い能力が争点になります。

 

特に、夫の浮気で精神的な苦痛が大きい場合でも、
相手に支払い能力がなければ、大きな金額を請求することができないのです。

 

浮気を認めず、慰謝料をまったく支払う気がない・・
といっている相手でも、決定的な証拠があれば、
調停委員の印象も違いますし、
相手の収入の支払い能力を考えて、
あらかじめ、どれくらいの金額を請求できるのか。

 

プロと相談して準備しておけば離婚調停でも心の余裕が違ってきます。

 

すでに別居している夫婦でも、流れをきちんと把握しておきましょう。