不倫 探偵

夫の浮気相手の女性の傾向はかなり変わってきています。

 

ピアスをわざと車の中に置いておいたり
ティッシュをわかるところに置いていたり。

 

挑発的な愛人女性もいます。

 

不貞行為とは法的には肉体関係が立証された場合です。
(ラブホテルに20分以上滞在した証拠があるなど)

 

いくら?を集めて自白させても絶対に誤らないのが傾向です。

 

不貞行為の証拠が固まってから話をする

 

最近、旦那の様子がおかしい

 

と感じていても、問い詰めるような話を出さないでおきましょう。

 

まずは、プロの不倫探偵が調査した証拠(写真・メール)を
押さえた上で行動しましょう。

 

携帯メールには不貞行為の前兆が詰まっている

 

できれば「あやしいメール」はプリントアウトするか、
デジカメで写真を取っておくのがよいでしょう。

 

これにより、不倫相手との行動がチェックできます。
メールをもとに日記をつけることができ、
調停裁判でも証拠になります。

 

自分がどう感じたか?

 

これもメモしておきましょう。

 

怪しい日時がわかれば、 不倫 探偵 に電話をして
その日を狙って調査依頼することができます。

 

1日数万円する不倫探偵 。

 

決定的な証拠をとるために、あらかじめ情報を集めておくことが
安くあげるコツです。

 

大阪で不倫探偵をやっている現場はかなり生々しい現場でした。

 

本物の探偵はどのようなプロの技を使っているのでしょうか。

 

ご主人からの依頼で奥さんの浮気調査の探偵業務でした。

 

前回も調査をしていて社内恋愛のW不倫だそうです。

 

目的は証拠を積み重ねて慰謝料を有利に進めること。
奥さんのかばんの中には発信機が仕込まれていました。

 

かばんの中の発信機はわからないものなのでしょうか。

 

このあたりにも、不倫探偵の技術があるようです。
(仕込む場所はかばんの他にもあるようです。)

 

現場ではフラッシュなしの高性能カメラで撮影していました。

 

これならば相手はまったく撮影されていることに気が付きません。

 

ある程度、不倫現場の日時を自分で突き詰められれば、
探偵も調査しやすく、お金もかかりません。